美容外科でクマを治して若々しい肌を取り戻そう

顔を気にする女性

施術の種類

症状にも種類がある

たるみやクマは女性の天敵となりますが、症状にもさまざまな種類があるのです。
クマは目の下に起きるものですが、起き方や状態によって「黒クマ」や「赤クマ」、「茶クマ」と分類されるのです。
黒くまは一般的にイメージされるタイプのクマのもので目の下の皮膚がたるんで出来るものです。
たるみが出来る事によって影ができてしまい、目の下を黒く印象づけてしまうのが黒くまの正体になります。
赤くまと呼ばれるものは、目の血行不良などから出来てしまうタイプのものです。
目の周りにある眼輪筋が透けて見える事によりこのような症状が発生してしまうのです。
睡眠不足や疲れが直結して症状として出てしまうので注意していきましょう。
茶くまは厄介なもので、目の下でシミやそばかすが広がってしまい茶色のくまとして出来上がってしまうものです。

美容外科ではそれぞれの症状に合わせた治療法で処置を行ってくれるので、最善の方法でクマやたるみが改善されるのです。
黒くまには脱脂術、赤くまにはヒアルロン酸注入、茶くまはメラニンの除去などがあり、それぞれの処置をしてくれます。

手術の種類

美容外科ではお客さまの症状に合わせた最適な方法で手術を行ってくれます。
手術の方法もたくさんあり、傷跡が残らないタイプのものや、若々しくするために成分を注入するタイプのものなどもあります。
普及されている手術方法だけでも15種類以上存在し、たるみやクマの状況で選ばれていきます。
また注射やメスが怖い人の為に切らない手術を選ぶことも出来るので安心して受ける事が出来るでしょう。

人気を集めている手術方法のひとつでヒアルロン酸の注入などがあります。
ヒアルロン酸には保湿力や弾力性を高めてくれる効果があり、肌をリフトアップしてくれる働きをします。
ヒアルロン酸という成分は体の中にあるものなのですが老化などにより年々減少していくものです。
頬に直接栄養成分を注入していくことで肌を若々しくしていき、たるみやクマを取り除いていけるのです。

他にも皮膚の表面にメスを入れる方法でなく、目の下、裏側からほんのすこし切開して無駄な脂肪を除去していく方法もあります。
表面に傷が入らないので、顔に傷跡が残る心配もありません。