美容外科でクマを治して若々しい肌を取り戻そう

顔を気にする女性

肌トラブル改善

たるみが原因で発生しているクマの治療方法について

目の下にクマができていると、とても疲れた印象になりますし、老けて見られてしまうおそれがあります。
この部分にクマができる原因は様々ですが、目の下の皮膚のたるみが原因でクマができてしまうケースがあります。
人間の眼球は眼窩と呼ばれる骨のくぼみの中にすっぽりと収まっているのですが、骨と眼球の間に薄い脂肪層が存在しています。
この脂肪層が加齢などの影響で下垂し、目の下に飛び出してくることがあります。
その結果、目の下の皮膚にたるみが生じ、黒い影ができてしまうのです。
このクマを治す方法として、従来は下まぶたのまつ毛の生え際にメスを入れ、余分な脂肪を切除する手術が行われるのが一般的になっていました。
しかし、皮膚に傷ができない方法で治したいと希望する患者がたくさんいたため、まぶたの裏側から脂肪を取り除いて治すという新しい方法が考案されるに至りました。

今後の治療法はどうなっていくのか

目の下にできたクマを治す方法として、従来は余分な脂肪を取り除く方法が一番有効だと考えられてきましたが、最近は少し考え方が変わってきています。
目の下に飛び出している脂肪を切除してしまえば、その部分に生じている皮膚のたるみを確実に治すことができます。
しかし、脂肪を取り除くだけでは、余計に老け見えが助長されてしまうケースもあります。
患者の中には、脂肪が突出している部分があるだけでなく、脂肪が削げ落ちて凹んでしまっている部分がある人もいます。
単に出っ張っている部分を治すだけでは、クマの症状を完全になくすことはできません。
凹んでいる部分に膨らみを補って、目の下の凸凹を解消してやらないことには、美しい見た目にすることができません。
そのため、最近では切除した脂肪を凹んだ部分に移して固定する手術が行われるケースが多くなってきており、今後はその方法が主流になっていくと考えられています。